Spring Summer 2022
Peter Miles Studio Collaboration

 


Spring Summer 2022 Collectionにて、グラフィックデザイナーPeter Milesとのコラボレーションアイテムを発表します。

2021年の第一弾コラボレーションは、コロナ禍で先行きが不透明な中、皆様の生活に少しでも彩りを添えられたらという願いを込めプロジェクトがスタートしました。

Peterと対話を繰り返している中で、彼の作品の中でも代表的なアートワークを生地に見立てたらどうだろうと考え、コラボレーションが成立。作品の中からOVERCOATのためにセレクトしてくれた柄を生地に落とし込んでいます。

そして第二弾となる今季は、彼が制作した鮮やかなアートワークとパターンを追求するOVERCOATの型を掛け合わせたダブルネームコレクションとして正式に発表しました。Peterは自分の作品を’HANDMADE ANTI DIGITAL PRINT’と表現しており、OVERCOATも「ヒトの考察が入った、ヒトの手による」モノ創りを大事にしているため、とてもシナジーを感じています。          

 

 

Line Up

今季は3つのアートワークをセレクトし春夏コレクションへと加えました。オンラインストアでは、リヨセル素材にプリントを施した生地で仕上げた開襟シャツ、ドローストリングパンツを取り扱っております。   

 

 

  

Peter Miles

英国出身。NY在住。
アートディレクター、グラフィックデザイナーとして90年代から幅広く活躍している現代を代表するアーティスト。フィービー・ファイロ時代のセリーヌやマーク・ジェイコブスのロゴ、パッケージングを含むアートディレクションを担当。映画監督のソフィア・コッポラやフォトグラファーのユルゲン・テラーの作品も手掛けています。

 出会いは今からおよそ8年前。OVERCOATを立ち上げる直前、とある知り合いのパーティーでした。当時まだブランドの名前も決まっていなかった頃、彼がチャイナタウンのスタジオに遊びに来てくれて、フィロソフィーやクリエーションに共感してくれたことがきっかけで仲を深めるようになりました。OVERCOATのブランド名も相談しながら決めたものです。それをきっかけに、ロゴやアートディレクション全般も手掛けてくれるようになりました。

OVERCOATのポップアップのアイコンでもあるディスプレイテーブルは、彼のギャラリーのために制作したテーブルを2個譲り受けたもの。NY、東京にそれぞれ1つずつ保有しています。

 

https://petermilesstudio.com